いじられキャラって恋愛では不利そうに思えますよね。良く女性から言われる「いい人だけど・・・」の代表となる存在がこのいじられキャラで、基本的にはモテません笑

 

しかし、いじられキャラだけど年上女性にモテる男もいるんですよ。

 

では、まずそもそもいじられキャラってどんな人がいるのか例に挙げてみます。

 

1.ただ単に構いやすくて周りから馬鹿にされやすいタイプ

2.わざとからかわれるようなことを言ったり、自分をネタに使って人気者になる確信犯タイプ

 

多分、あなたが想像しているのはこの1のタイプの方で、基本的にモテないと言われるのは1でしょう。ただ、2のようなタイプの男性が世の中にごく少数しかいないというのも確かで、実際2のタイプの男性はモテます。人って根本的に希少価値があるものが好きなんですよ。だから、単純に少数派であるいじられキャラはモテるんです。ただ、なめられていてはだめですよ。年上女性があなたのことを価値が小さいと認識してしまえば恋愛というのは成立しませんからね。

 

人間が珍しいものを好むという意見について例を言えば、エルメスなどのブランドバッグやベンツなどの高級車。あれらがその辺に異常にたくさん存在していたら、価値がほとんど無くなってしまうんです。実際、軽トラックは小回りがきいてものを持ち運ぶことが出来て機能的に優れているんですが、世の中の人は価値を感じていないですよね。そして、僕らは品質的にはほとんど変わらなくてもレアなものというだけで機能的にも優れていると思ってしまったりするんですよ。一個五〇〇円のヨーグルトとかありますけど、実際食べてみたらふつーのヨーグルトでしたし、恐らく栄養素がめちゃくちゃ高い訳では無いでしょう笑

 

まあいじられキャラの場合は中身が他と違うわけで、ブランド品と比べるのはちょっと違う気がしますけれどもね。

 

じゃあじゃあ、、、次は、僕らが目指すべきモテるいじられキャラってどんな性質を持っているのか考えてみましょう。

 

69_16087418

 

いじられキャラだけど、恋愛上手でモテる男の特徴

いじられキャラは愛されキャラと言われることがありますが、確かに彼らは物腰が柔らかく、その態度が恋愛にも出てくるものなんです。しかし、ただただ弱くてからかいやすいだけの人物はモテるいじられキャラではありません。

 

そもそもいじられキャラの性質として、人の悪口を言ったりネガティブなことはあまり言わないので人が寄って来やすいですよね。これだけで、世の中の人の中では圧倒的に少数派ですから、本当はモテるはずなのです。

 

じゃあ、どうしていじられキャラがモテないのかというと、嫌なことをNOと言えないからなんですよ。大抵のことは笑って許していてもイイですが、嫌だと思ったことはハッキリと”やめろ”と言うことが出来るかどうかが重要なんですね。自分でいじりのボーダーラインを決めていじりにストップをかけられる男性はいいんです。いじりがいじめのようなものになっていると周りは見てて寒いですからね。いじりにストップをかけられる男性というのはすなわち、周りの人と”対等以上”の関係な訳です。

 

このブログで僕は”心理的に女性より立場が下になっては恋愛は成立しない”と毎回のように主張してますよね。すなわち、嫌だと言える、いじられキャラ、もっと言えば、いじられもいじりもするいじられキャラはモテるんですよ。こういう人物は周りからいじられていても笑って許せますし、逆に相手の長所を引き出す形で周りの男性をいじることもできるんです。ボケもツッコミも出来るタイプと言うことでしょうかね。

 

こういう風な男性は年上女性に対しても対等に接することができます。一番ダメなのはいじられキャラという小雨数派の性質を持っているのにも関わらず”没個性”な存在であることです。いじられたときに個性的な受け答えやノリツッコミが返せる人物は価値が低いと見なされずに、面白い人物であるとみられますが、いじられているのにも関わらず笑っているだけだったり、あんまり反応しないと言うことになると、

 

「この人、大丈夫かな・・・」

 

と年上女性は不安になってしまうんです。だって、自分がされて嫌なことを嫌だと主張できないような男性が他の人を守っている姿が想像できないですからね。よく漫画とかで、

 

「俺のことはなんて言われてもいいけど、家族のことを馬鹿にするヤツは許さん」

 

なんていうことを言うキャラいるじゃないですか。あんな人物って現実にはほとんどいません笑僕らが目指すべきいじられキャラというのは、

 

「家族のことを馬鹿にするヤツは当然許さないけど、俺のことを馬鹿にするヤツもこらしめてやる」

 

というキャラクターです。これはカッコイイですよね。いじられキャラがどうしてモテないのかと言うと、いじって貰うことで、その場で目立ち始めているみたいに見られるからです。違うんです。僕らが目指すべきなのはいじられて”おいしい”ところだけいじられる、という他の人を動かすことの出来るキャラクターなんですよ。

 

いじられているだけでは無くて、いざというときに自分から会話を振ることが出来たり、嫌ないじり方をされたときにNOと言える男性や、自分の発言からいじりを自分のものに出来る男性は好印象なんです。どんな立ち振る舞いをすればモテるのか、自分のキャラクターがどういうものなのかを理解している男性はモテるわけで、たとえいじられキャラであっても自己主張できる男はモテるものなんです。

 

まとめ

モテるいじられキャラの男って僕の周りにはいたんですけど、本当に少ないですよね。僕が高校生の頃、野球部で万年補欠で運動も勉強も出来ないけど、いじられキャラで何故かモテている男子がいました笑

 

彼は自分をいじらせるように仕向けるのが上手で、嫌ないじられ方をされると、

 

「おいっ」

 

みたいな感じのツッコミで周りの雰囲気を悪くしない感じで周囲を制御出来ていたわけです。

 

そんなわけで、今回の結論として、

 

モテるいじられキャラの男とは、自己主張できて、周りを自分がいじるように仕向けることができるタイプ、ということです。

 

こういうタイプは美味しいとこだけいじられますし、年上女性から価値が低いとみなされませんから、結局モテるんですよ。あなたも自分の性格を考えて、こんなタイプの人を目指してみてはいかがでしょうか。

サンプル画像

サンプル画像