上手くサシ飲みへ誘うにはいくつかポイントがあります。

 

これを知らないとあなたが知らないうちに年上女性からうざがられているかもしれません。

 

今回の記事をお読み頂くことで、あなたは堂々と飲みに誘うことが出来るようになると思います。

 

では、女性をサシ飲みに誘う・・・そのポイントをお話しします。これらを身に付けて頂くことで、女性の心に響く誘い方を身に付けて頂けると思います。

69_16110799

ストレートに誘え

さあ、あなたは女性を飲みに誘います。どんな方法で誘いますか?

 

「じゃあ、今度皆で飲もうよ」なんて言っていないでしょうか。

 

この台詞は恋愛があまり得意で無い人が使いがちですが、誘い方としては微妙です。あなたの本心ではすぐにでも一緒に飲みに行きたいのに「今度」とか「みんなで」とか心にも無い言葉を使ってしまっています。

 

こんな誘い方はあなたの自信のなさが表れています。当然、この自信のなさが女性に伝わってしまっています。また、伝わっていなくてもこんな誘い方では女性にとって魅力的な男性に思えませんよね?

 

ここで、一つ考えましょう。

 

「なぜ女性がサシ飲みをOKするのか?」ということについて。

 

それは一つはあなたが「いつもお世話になっていて、仕事にも影響する」という理由があるのかもしれません。

 

しかし、こんな理由ではサシ飲みにいけてもその先にはつながりにくいです。仕事でお世話になっていて断りにくいのでサシ飲みをOKしたという状況でキスにつなげるなんて難しいですよねw

 

では、女性がサシ飲みに応じるのは他にどんな理由があるのでしょう?

 

 

・・・それは、「あなたと退屈な非日常を体験したいから」です。

 

ドキドキ感を感じたいのです。普段つまらない仕事をしている女性であるのならそんな退屈な毎日から離れたいと思っているものです。そして、その女性にあなたが「一緒にいて心地良い」だとか、「非日常」を感じさせることが出来ればあなたは大好きな女性を落とすことが出来るでしょう。

 

期待を感じるから「一緒に飲みに行ってもいいかな」と思えるわけです。

 

ただ、サシ飲みの誘いになぜOKするのかということは女性自身も無意識的にOKしているので、結局どうして飲みに応じるのか理解などしていないのです。

 

ここがポイントで、女性の本能に響く誘い方は基本的に女性が理解できないものなんです。彼女達も分かっていない本能に響くアプローチだからこそその後のキスやホテルが可能になるのですね。

 

では、女性が「非日常を感じるため」にあなたはどうすればよいのでしょうか?

 

 

・・・ずばり言うなら「男らしさを見せてください。」

 

男らしく誘いましょう。

 

堂々と真っ正面から飲みに誘いましょう。女性はこんな行動に男らしさを感じるのです。

 

ここでいう男らしい誘い方は、「サシ飲みである」ということを伝えるということです。

 

サシ飲みを伝えるのって結構難しいですよね。「今度皆で飲もうよ」なんて言ってしまうのはあなたがサシ飲みだと言うと断られてしまうのでは無いのかという恐怖心の表れですからね。

 

もしあなたが狙っている女性と結構仲が良くても女性からすると、「サシ飲みはちょっと・・・」と思われることは結構あるんですね。

 

この場合、女性に

「二人で行って面白く話せるのかな?」

とか、

「サシ飲みだなんて・・・会話に困りそう・・・」

 

とか思われている可能性があるんですね。

 

それを可能にするのは相手女性に対してユーモアを踏まえて誘うという方法です。

 

「よし、飲みに行こうか、○○ちゃん」

「そうですね。他に誰がいますか?」

「ん?俺以外必要な人いる?」

「え、二人は流石に・・・」

「そうかー、今後の反省材料にしておくわw」

 

これができると別に断られても気まずくならないですよね?重要なのは、相手がハッキリと拒否する前にさくっと会話を終了するというところです。

 

・粘着質な男では無い

・面白い

こんなポイントを伝えることが出来ます。

 

 

実際、最初の誘いはOKしてくれることが多いので、女性は誘いに乗った後、

 

「やっぱりどうしよう・・・?」と考えることは多いのです。

 

悩んで、後で断られたり、嫌だけど断りにくいから飲みに来た。こんな状況を避けるために最初はわざと断られて女性に自分との飲みの楽しみ感を上げておくのもイイですね。

 

二回目の飲みの誘いは、最初と同じようにふざけた感じの誘いでも、

 

「いいですよ!」

 

と返事がもらえることが多いのです。

 

どんな誘いかたでも別にいいんですが、重要なのは重い感じになったり、しつこい感じにならないこと。例えば以下のような誘い方があります。良かったら使ってみてくださいw

 

「今日はめっちゃ暑かったよね~本当のど乾いて死にそう。。ということで飲みいくか!」

 

「仕事忙しいの?悩みきくよ!飲もうか^^」

 

「ディズニーかカラオケか飲みどれにする?」

 

「○○ちゃん最近疲れてるでしょ。息抜きも必要だよ。よし飲もう^^」

 

「え、俺が誘ってるのに飲みに行かないの?○○ちゃん変人とは聞いてきたけど、そこまで変人だったとは」

 

本当にこんな適当な感じで上手くいくのかと思われるかもしれないですが、意外と上手くいきます。

 

ちなみに上のような会話を余裕無く連続で行うと逆効果になってしまいますので、注意しておきましょう。

 

あくまでも誘うことや断られることも楽しむ。こんなユーモアのある男性がモテます。

 

サシ飲みに誘うとき、女性の言い分は全て無視しろ

狙った女性をサシ飲みに誘うにあたり最も重要な話です。というか、モテる男性の特徴でもありますね。

 

基本的にモテる男性は”Sで面白い人”です。Sであることで女性から見て価値があると思えるからです。

 

上の誘い方では全部ユーモア系の誘い方でした。では、どうやって女性にSであることを見せれば良いのでしょうか。

その簡単な方法として、「女性を誘うときに言っていることをスルーする」ということです。

例を出します。

 

「最近忙しいの~?」

「はい、バタバタしてて・・・」

「じゃあ飲みいくか」

 

こんなSな誘い方をしてみましょう。普通であれば相手が暇になれば誘いますよね。バタバタしてるなんて言われたら仕事落ち着いたら飲みいこうとなりますよね。

 

しかし、そんな相手女性の状況なんてどうでもいいんです。

 

なぜならこの女性の言い分を無視することが女性に非日常を感じさせることができるからです。

 

そして、相手より立場的に上になることができるのです。女性は無視しても別に怒ることなんてほとんどありません。この誘い方を通じてあなたの方が価値が上なんだぞと思わせることができるでしょう。

 

女性の言うことをはいはい聞いているようではだめです。こちらが主導権を握らないとイケナイのです。

 

上のサシ飲みに行く方法はあなたのイメージしている女性の落とし方と異なる部分があるかもしれません。

でも、良く女性は言いますよね?

 

「あのひとはいいひとだけど・・・」

 

って。要するに女性の言うことに対して毎回yesばかり言う男は面白くないって事なんですよ。このことを知っているだけで他の男性よりかなり優位に立てるでしょう。

 

勿論、全て女性の言うことは無視しろとはいいませんよ。しかし、多少の強引さが必要なわけです。我々はオスなわけですから。

 

次回はサシ飲みで女性を誘う上でのマインドについてです!^^

 

好きな女の子をサシ飲みに誘う上での大事なマインド

サンプル画像

サンプル画像