今回は女性からいじられることの効果についてお話ししたいと思います。

 

女性をいじることは男性が女性にモテたいのならば必須のスキル。

 

だけど、あまり逆は無いですよね。女性が男性をいじるということ。

 

もちろん、あなたが年上女性を落とす場合であれば、相手がこちらをいじってくることも想定しやすいですが、そうでない場合はどうなのでしょうか?

imaric20160805383916_tp_v1-%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

女性からいじられることの有効性

基本的には女性はMです。マゾです。強引な男が好きです。

 

「やめて!」

 

なんていってても喜んでいる場合もありますからね。もちろん、本当に拒否しているようならば当然やめなければいけませんが。。

 

男性が上手に女性をいじることでこちらが格上との認識を相手に植え付けることができるので、当然今後の関係に良い影響を与えやすいんです。

 

しかし、軽く女性からいじられることにも良い影響があります。

 

そのひとつが、女性から男性をいじるようになる場合、相手の出方が前まで”受け身”だったものが、”積極的”に変わるんです。

 

つまり男性からのいじられて、ある種まだ緊張を崩していない女性が女性か男性をいじるようになることで、相手がこちらに”絡んできやすい”という状況になるんです。こちらに安心している状態とも言えます。

 

そもそも、女性というのは力で男性に勝てないので基本的には恐れているものなんです。これが僕は理解できなかったところですが、なかなか女性が素を出そうとしなかったり、周りに溶け込むのが上手なのは力の差も関係しているのかもしれませんね。

 

そして、お互いにいじり合うという関係性は初めはこちらの一方的な関係性だったのが双方向的な関係になります。

 

このおかげでお互いにアクションをし合うになることが出来るんです。

 

これは、会話のキャッチボールよりも一段と上の状況で、いじりのキャッチボールともいえます。

 

全く二人の親密度が違うわけで、この段階になったら最も関係性を築きやすいと言えます。

 

ですが、男性が一方的にいじられているのはダメですからね。だって、それだと完全に女性に”ナメられている”状態になっているから。

 

まとめると、女性からいじられる男性になることで、相手の緊張感をといて、お互いに声を掛け合える関係になれるんです。

 

こうなると、こちらからデートの約束をとりつけやすいですよね!

 

じゃあ、どうしたら女性からいじられるようになるのか?

 

方法を二つ紹介します。

女性からいじられるようになる方法

一つ目はオーバーな会話や表現をしましょう。冗談を言ったり、図に乗ったりすることです。

 

例えば、

 

女性「このバーには何回くらい来るんですか?」

 

と聞かれたら「2000万回くらいかな、数えるの面倒になってきたけどさ」

 

なんていいましょう。

 

他にも

 

女性「休日や暇なとき何してるんですか?」

 

なんて質問をされたときには、

 

「ライアーゲームに参加してるわ。」

 

とかいってみるのもイイですねw

 

こういった冗談を言うときには視線に気をつけましょう。相手の目を見て言うことで女性に伝わりやすいです。目は口ほどにものを言うのです。

 

冗談であることを目で伝えておきましょう。ただ、たまに言うようにしましょう。あまりに言い過ぎると、痛いヤツとか一緒にいて疲れるだなんて思われても仕方ないですからね。

 

あとは、

 

女性「○○君って面白いよね」

 

なんて言われたら、とりあえず図に乗っておくことをオススメします。

 

「まあ、俺クラスになると二日に一回は言われるよねw」

 

などと相手が思いも寄らない返しをすることで女性の緊張感をなぎ払うことができます。

 

こうすることで女性からの突っ込みが期待できますし、そうなると当然口説きやすくなります。

 

ちなみに、最上級のいじりとしては以下のようなものがあります。

 

女性「昨日こんなことがあってね・・・」

 

男性「ん・・・」

 

女性「聞いてるの?」

 

男性「ああ、聞いてなかった。顔見てたから」

 

女性「えーー」

 

男性「ああ、ゴキブリついてたからさ。ガン見しちゃったわ」

 

女性「もー最悪ですね!」

 

ここまでお話しした会話スキルが身につけばあなたもこんな返しができるようになります。

 

ただ、使いすぎるのは要注意です。こんなように相手からいじられる、こちらからいじるという関係を保つことが出来ればサシ飲みに誘いやすくなってなおさら口説きやすくなりますね!

 

サンプル画像

サンプル画像